メンズ

うつ病について知る|症状から周りができるサポートまで

復帰か転職か

看護師

うつ病になるきっかけは、仕事によるストレスだという場合も多いです。上司からのプレッシャーや、配置換えや転勤による環境の変化などが大きなストレスとなり、うつ病を発症することがあります。治療のために休職しても、復帰できるのか、退職した方がいいのかと悩む方も多いでしょう。また、会社側もどうしたらいいのかと悩むかもしれません。職場復帰したとしても、症状がでる前と何も変わらなければ、またうつ病を発症する恐れがあります。仕事への影響を考えて、症状を自覚しても病院に行かず隠し続けるという人も少なくありませんが、症状が悪化するという可能性もあります。しっかりと治療を受け、職場とも相談していくことが重要です。復帰することが決まれば、会社側の協力も必要になります。業務の負担が少ない部署に異動してもらったり、周りのサポートを受けながら仕事ができるような環境をつくってもらうなど、配慮してもらう必要があります。しかし、そのような措置をしてもらうことはとても難しいのが原状です。うつ病患者のほとんどが、復帰せずそのまま退職というケースが多いです。もちろん、サポート体制が整っている会社もあります。そのような会社であれば、復帰についての相談をしつつ、しっかりと治療を受けることができます。産業医とのカウンセリング等も定期的に受けるなどの判断もしてもらえます。

復帰ではなく転職になったとしても、マイナスのことばかりではありません。うつ病を発症する前の環境から変わることができますし、良い方向に働くこともあります。環境が変わるというストレスが怖いと感じてしまうかもしれませんが、担当医とも相談しつつ、仕事をどうしていくかということを決めていきましょう。医師も仕事に対する意欲を確認しつつ、症状もみながら判断していきます。休職前の職場に復帰する場合でも、医師から会社側に症状の度合いを伝えることができるので、その意味でも治療はとても大切です。自分自身だけではなく、医師や会社側もうつ病の症状を把握しておくことで、連携して職場復帰のサポートをすることができます。焦らず、しっかり治療を受けて職場復帰を目指しましょう。

うつ病を発症するきっかけが、職場での人間関係だという場合は、復帰するかどうかは慎重に判断した方が良いです。特に休職前と人事が変わっていなければ、また同じような強いストレスを感じることがあります。うつ病は再発の確率がとても高い病気です。治療前と環境が変わらなければ、また再発し、悪化することが考えられます。その場合には、医師や会社側と相談し、転職することも選択肢に入れてみましょう。仕事が変わることへの不安はあるかと思いますが、自分自身を守ることに重点をおきましょう。ストレスをなるべく減らすことができる環境づくりを始めていきましょう。生活している中でも、仕事をしている時間は大半を占めます。その時間が苦痛にならないように、またうつ病の症状が出ないようにということを考え、復帰するのか転職するのかということを決断することが必要です。自分だけで判断するのではなく、医師と相談し、会社とも連携をとりながら判断しましょう。まずは無理せずしっかり治療すること、そして再発しないように周りの環境を整えていきましょう。